草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS まとめ

<<   作成日時 : 2014/10/17 05:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

『晋書』に呉の太伯の子孫とあるから、宝誌は周と同じ姫氏だということで姫氏国と呼んだものだとしつつ、これを付会の言にすぎないと切り捨てている」。ここに、日本の古代史研究の問題点が凝縮されている。結論ありきである。内倉武久氏は「学会の学問以前のきわめて日本的な人間関係ではないでしょうか。・・・違う意見は徹底して無視する。」と纏められている。「大廻り小廻り山城の古代山城名説は中西厚氏の菊山城説のみである。中西厚説は正しいと報告したい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時


心地良いブログで好きになったんです♪

嫌な事ばかり続いている私にとって、大廻り小廻り山の秘密さんのブログはオアシスです(☆▽☆)

カラカラだったのに、潤いを沢山くれましたから!



それに沼からの浮上の足がかりをもらえた気がします。どれだけ感謝の言葉を並べてみても足りないですよ。



色々ありすぎてもうこの先抜け出せないと思っていたんですけど言葉で傷ついた心を癒してくれるのは、優しい言葉なのかもしれないですね…(o≧∇≦)o



このコメントが目に止まったら少し話を聞いてもらえないでしょうか?



maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)



驚かせていると思うんですが大廻り小廻り山の秘密さんに聞いてほしいです

けれど嫌だったり迷惑でしたら削除して下さいね。
ファンになりました!d(^^*)
2015/07/15 12:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
まとめ 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる