草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS 遣唐使の派遣 2000人

<<   作成日時 : 2014/08/12 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

659年の遣唐使の拘留理由

    来年百済を攻めるので帰国させない。

天智10年(671)の遣唐使派遣人数 2,000人の意味するもの。

中大兄皇子は必死に、唐や新羅と交渉。

敗戦という不利な条件下の交渉。

天智7年(668)高句麗の滅亡。

朝鮮半島の領有に関する唐と新羅の意識のズレ

天智7年(668)9月、新羅が656年以来、倭国王に形式上の臣下の礼を持って調を持参。

高句麗滅亡後の朝鮮半島の領有権を有利にするために、倭国と手を結ぶ為の外交である。

天武5年(676)頃には、新羅が朝鮮半島統一完成。

荒木敏夫説(専修大学教授)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遣唐使の派遣 2000人 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる