草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内型と九州型

<<   作成日時 : 2014/08/12 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瀬戸内型

一番山の高いところを含んで、その裏側に回って低いところに水門がある。
防御正面が非常に低いところにある。

九州型

山の上に鉢巻状に土塁をめぐらしている。

大廻小廻神籠石は、瀬戸内型である。

百済にその技術の根源がある。

(坪井清足氏説)(元奈良国立文化財研究所長)

名前の分からない城 16ヶ城有り。

特徴 列石があり、城内に建物がない。 

亀田修一説(岡山理科大学教授)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内型と九州型 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる