草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS 天保15年(1844年)作成 論所見取絵図

<<   作成日時 : 2014/08/12 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岡山市沖新田の庄屋文書

藤原深蔵家文書に天保15年(1844年)作成の論所見取絵図有り。

『日本農村の基礎構造研究』 喜多村俊夫 1990年(地人書房)に大平山の野山(のさん)紛争論文

   『ふるさと再発見 草ケ部の物語』 中西厚 平成23年に収録。
   
要点

築地山は独立の峯で小廻りと呼ぶ築地の台があり、境内は大廻りとて五十余町歩もあり、其の四方に四天の仏があり区域を示していたが現在はない。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天保15年(1844年)作成 論所見取絵図 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる