草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS 築城目的の明確化

<<   作成日時 : 2014/08/12 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

発掘調査で、城郭施設、建物、防御用遮蔽設備である柵、板壁等が全く検出されなかった。

築地山は附近の山の中でも低く、なだらかな小山に土を持って築かれている。

都と大宰府を結ぶ唯一の大路である山陽道は、国外からの賓客も利用する最も重要な交通路。

山陽道の駅家は、外国使節の往来を意識して、瓦葦丹塗り白壁な建物に改修されている。

しかし、平野卓治氏説でば、実際に外国の使節が、それらの施設を利用したという記録は無く、瀬戸内海を船で航行していたらしい。

木本雅康説

高月駅家・馬屋遺跡(赤磐市馬屋)に近い。

馬屋遺跡(赤磐市馬屋)全景
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
築城目的の明確化 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる