草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説

アクセスカウンタ

zoom RSS 草ケ部 大廻小廻山城 黄蕨国の迎賓館(城柵官衛遺跡)説

<<   作成日時 : 2014/08/12 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『隋書』では遣隋使開始は600年から、日本では推古15年(607年)から派遣が開始されている。

白雉年間(650〜654年)〜斉明朝には外交記事と蝦夷征伐記事が多く見える。

大廻小廻山城は、低いところに山城があり、秋田城に似ている。

秋田城は東門の外側に水洗トイレ遺構がある。

水洗トイレ遺構から日本にはない豚食をする回虫、寄生虫卵が発見されている。

秋田城の渤海使 外交の場

軍事・戦闘的施設ではなくて、城柵が国府・郡家と同様な機能を持っていた。

外交施設、賓客接待、宿泊施設である。⇒ 「城柵官衛遺跡」説。

発掘により、賓客を驚かされる施設が発見されると推定している。    丸谷憲二説

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
草ケ部 大廻小廻山城 黄蕨国の迎賓館(城柵官衛遺跡)説 草ケ部 大廻小廻山の考察 菊山城説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる